...線形計画法 i)
この文書は琉球大学工学部電気電子工学科で開講されている 4年次学生向けの専門実験(電力工学実験, 電子工学実験, システム工学実験) 向けに執筆されたテキストに若干手を加えたものである。 内容を改変しない限り自由に再配布して頂いて構わない。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
... 滋ii)
琉球大学工学部電気電子工学科
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
... 呼ばれる解iii)
ここで言う「解」とは制約条件をすべて満たす変数ベクトルのことである。 最適解(制約条件をすべて満たし, かつ目的関数を最小化するもの) とは異なる。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
... 以上のような考え方からシンプレックス法のアルゴリズムが得られるiv)
ここで挙げたアルゴリズムは「改訂シンプレックス法」と呼ばれるものである。 ところで, 「改訂」シンプレックス法が存在する以上, ただのシンプレックス法も存在する。 シンプレックス法と改訂シンプレックスの違いは, シンプレックス法が基底形式表現そのものを更新するのに対し, 改訂シンプレックス法は基底行列に対応する添字を更新して対応する線形方程式を解く, という点にある。高速な線形方程式のソルバが利用可能である場合には改訂シンプレックス法の方が高速である。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
...とするv)
条件を満たすものが複数あるときには, どれを選んでもよい。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
...を選ぶvi)
条件を満たすものが複数あるときには, どれを選んでもよい。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
...が歪対称行列 vii)
$ \vec{M}$が正方行列で, となるとき, $ \vec{M}$を歪対称行列という。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
... 満たすviii)
先と同様に, $ \vec {s}=\vec {M}\vec {\xi}+\vec {q}$とする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.