next up previous
Next: [注意事項] Up: 実験 Previous: 実験課題

実験方法

解くべき問題に対応する行列$ \vec{A}$とベクトル$ \vec{b} $はディレクトリ
/home/b/teacher/hanba/info-eng/
にある practice.dat と problem.dat という2個のファイルに記載されている。 このうち practice.dat は規模が小さい 練習用のファイル, problem.dat は問題ファイルである。 problem.dat に記載された問題を解くのには相当の時間を要するので, 作成中の未完成プログラムをテストするときの便宜のために 短時間で解ける問題ファイル practice.dat が用意されている。

問題ファイルの行列$ \vec{A}$は基準形である。 行列$ \vec{A}$の各成分を$ a_{ij}$, ベクトル$ b$の各成分を$ b_i$とすると, このファイルには行列$ \vec{A}$の各要素とベクトル$ \vec{b} $の要素が

\begin{displaymath}\begin{array}{ccccc} a_{11} &a_{12} &\cdots &a_{1n} &b_1 a_...
...s &a_{2n} &b_2 \cdots&\cdots&\cdots&\cdots&\cdots \end{array}\end{displaymath} (59)

のような順で記載されている。すなわち, 行列$ \vec{A}$の第1列ベクトル, 第2列ベクトル, ..., 第$ n$列ベクトル およびベクトル$ \vec{b} $が順に横に並べられて記載されている。

目的関数に対応するベクトル$ \vec{c}$の値については実験中に指示する。





Shigeru HANBA
平成15年11月16日