next up previous
Next: プロジェクトファイルを開く Up: Code Composer Studioを用いた実行可能プログラムの作成 Previous: Code Composer Studioを用いた実行可能プログラムの作成

Code Composer Studio の起動

Code Composer Studioを起動するには,
スタート→プログラム(P)→Ti→CCStudio
を選択する(図13)。
図 13: Code Composer Studioの起動
\includegraphics[scale=.7]{eps/CCS010.eps}
13のメニューが実行されると, 画面に図14のようなロゴがあらわれ, 続いてDSPボードが認識されたことを確認するウィンドウが開く (図15)。 OKボタンを押すと図16のように Code Composer Studio が起動する。
図 14: Code Composer Studio の起動ロゴ

\includegraphics[scale=.7]{eps/CCS020.eps}

図 15: DSPボードの確認ウィンドウ
\includegraphics[scale=.7]{eps/CCS030.eps}

図 16: Code Composer Studioが起動したところ
\includegraphics[scale=.3]{eps/CCS040.eps}


next up previous
Next: プロジェクトファイルを開く Up: Code Composer Studioを用いた実行可能プログラムの作成 Previous: Code Composer Studioを用いた実行可能プログラムの作成
Shigeru HANBA
平成15年11月16日